学習記録

TRIOS(トリオス)での光学印象を受けた感想と歯科技工の未来

更新日:

こんにちは。

リョウです。

歯医者さんで歯の型を採ってもらう時に、ピンク色のドロドロした液体を使用することが多いと思います。

近年では医療機器の技術が発展しCAD/CAMシステムを使用した「光学印象」という方法が登場しました。

ハンディースキャナーで口の中をスキャンしていくだけで歯型が採れてしまうのです。

今回は私が実際に歯科医師の方に光学印象をしてもらった経験をレポートしたいと思います。

今回私はTRIOSトリオス)という機械を使用した光学印象を体験しました。

口腔内検査を受けたあと、スキャナーを口の中に入れられ、「下顎」、「上顎」、「かみ合わせた状態」の順でスキャンしていただきました。

パソコンの画面上には徐々に私の歯型のデータが反映されていきます。

歯や歯茎の色まで鮮明で驚きました。

不快感も少なく、患者さんの負担も減らすことができると実感しました。

 

このトリオスの詳細が知りたい方は下記のホームページからご覧ください。

TRIOS(トリオス)の公式ホームページはこちら>>

 

使い方の詳細動画はこちら↓

これからの歯科技工について思うこと

光学印象が主流になっていくことで、患者様の歯の状態がデータ化され、歯型の模型を技工士さんがわざわざ受け取りに行くという手間がなくなっていくと思います。

機械にはできない複雑な作業もあるので、基本的な技術を抑えたうえでの高度な技術も身につけて行かなければいけないと思います。

私もこういった勉強会や体験会、講演会などになるべく出席し、貪欲に学んでいきたいです。

-学習記録

Copyright© リョウの歯科技工ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.